ファンを増やしたいと思っている方の中で、セミナー・ワークショップ・講演会などをやりたいと思っている方も非常に多くいると思います。私はこれまで、学校・商工会議所などの企画だけでなく、個人主催ワークショップやメディアを読んだプレスリリースなどで様々なPR企画を実施してまいりました。

 
セミナーや講演会などは、単に話せばいい!というわけではなく、事前準備がめちゃめちゃ大事になってきます。段取り8分と言いますしね。そんなわけで、僕がこれまで実践してきた、セミナー資料の作り方をお伝えします。
今回は、以前実施した” ファンを増やしたい方のためのPRセミナー ”をテーマにお話します♪セミナーを作るステップは以下の通りです。

 

 

 
Step1 自分が伝えたい内容を付箋にはる

やりたいこと考えて、まずアイディアを出します。やりたいなーって思うことを、思いつくままに付箋などに張り出してみてください。

 
STE2 アナタのプログラムを受ける前の状態を想定しよう

参加者の状態は本当に様々です。初心者さんもいれば、知識がある方ももちろん参加されます。継続セミナーの場合は、レベルが揃ってきますが、話をする内容について何も知らない前提で進めるようにしましょう♪以前実施した時は、”自分を変えたい”と考えている人を想定していました。

 

Step3 アナタのプログラムを受けた後の状態を想定しよう

資料を作る上で大切なことは、参加者をセミナーでどこまで連れていってあげたいかを考えていく必要があります。以前、実施したセミナーでは” ファンを増やし、報酬を得ていただく手段 ”をお持ち帰りいただくことを決めました。セミナーの冒頭では、参加者を迷わせないように、私は冒頭でこの内容をお伝えしています^^。

 
Step4 アイディアをマッピングしてみよう

アナタが出したワークや話したい内容を、参加者の状態を意識しながら、マッピングしてみてください。多くの方が過剰量に情報を入れる傾向があるので、必要最低限にしてみてくださいね^^。
Step5 参加者にどんな変化が起きるかを想定しよう

参加者の変化を想定しながら、どんな変化が起きるか、参加者の心の部分も踏まえて書き出してみてください。

 
Step6 パワーポイントにまとめる

上記をまとめたら、実際にセミナー資料を最後にまとめていきましょう。キホン的な説明、具体的な事例、ワークをうまく組み込むと、ベストです。

 

 

私はすべての企画をする際に、上記を必ず考えるようにしています。大学院時代の卒業論文を書くときも、このように考えていました。流れを、エクセル等でまとめてもいいですよね^^。私の場合、あまりトーク力がないので、このあたりは入念に準備を進めていますw。口下手な方こそ、準備が本当に大事!資料がしっかりしていれば、質問をされても、なんでも答えられることができます。

いかがでしたでしょうか?参考になったら嬉しいです♪♪何か聞きたいことなどがあったら、お気軽にいってくださいね!!

 

【記事】
一社) 地域ブランドプロデューサー協会 代表理事
Familia Create 代表 コンサルティングプロデューサー
川本真督

メールによるご質問はこちらから(お気軽に♪)
※ いただいた質問はブログで記事(匿名)にさせていただきます